あなたは除毛・脱毛・抑毛どのタイプ?

桜の開花も始まり、気が付けば4月まであともう少し。肌の露出も増えてくる時期ですよね。
肌の露出が少ない冬は怠りがちなムダ毛の処理。みなさんはどうしていますか?

肌の露出が多くなるこれからの季節。
ムダ毛の処理に毎年苦労している方は多いと思います。
最近は女性だけではなく男性もお手入れをしている方が多くなってきていますね。

ムダ毛処理で思いつく方法は除毛・脱毛・抑毛ですが、それぞれどのように違うのでしょうか?

それぞれの処理方法のメリットやデメリットなど調べてみたいと思います。

除毛・脱毛・抑毛の特徴は?

除毛って?

除毛は、肌の表面上に出ている毛だけを取り除く方法で、カミソリや電気シェーバーで毛を剃ったり、クリームなどを使って毛を取り除くことも除毛にあたります。

リーズナブルで簡単にケアでき、除毛時の痛みが比較的少ないのが特徴です。
しかし、毛根はそのままですので、毛はまたすぐに伸びてきます。

また、カミソリやシェーバーで肌を傷めてしまったり、除毛剤の成分でかぶれや炎症を起こしたりなど、肌への負担も比較的大きいです。

脱毛って?

脱毛は、専門施設で行う方法と自己処理方法に分けられます。専門施設での脱毛は、クリニックの医療用レーザーやエステの光照射など、毛根を破壊する方法で毛の生える力を抑えます。

毛根を破壊するため、半永久的な効果が期待できるのが特徴です。自宅で行う脱毛としては、毛抜きやピンセット、ワックス、家庭用の脱毛器などを使って毛を抜く方法があり、カミソリなどによる除毛よりも生えてくるまでの期間が長いというメリットがあります。

自己処理での脱毛の場合は、どうしても痛みがともないます。さらに、毛穴が塞がれ毛が表面に出られなくなる埋没毛や、毛穴の開き、炎症による色素沈着など、トラブルも起こりやすいので注意が必要です。

抑毛って?

抑毛は、ローションやクリーム、ジェルなどを使って毛が生えるスピードを遅らせたり、毛を細くして目立たなくさせたりする方法です。

毛が細ければ細いほど効果を発揮するため、産毛対策などにも活用でき、肌への負担が少ないことが特徴です。

ただし、毛が太く濃い方にはあまり効果が出ないなど、個人差があります
。また、毛を“なくす”というよりは、毛を“目立たなくさせる”ことが目的になるので、定期的に続ける必要があります。

ムダ毛処理でやってはいけないNGなことは?

乾いたままの肌にシェービング

肌が乾いた状態でいきなりシェービングをしてしまうと、毛がふやけていないので剃りにくいばかりか肌表面を傷つけてしまいます。専用のシェービングクリームやシェービングフォームを使い、肌を保護しながら処理するようにしましょう。

埋没毛を無理に剃る

皮膚に埋まっているムダ毛を無理に剃ると、炎症を引き起こしてしまいます。深剃りや、毛の流れに逆らって剃らないように注意してください。

生理前後のムダ毛処理

生理の前後は肌が非常に敏感になっているため、ムダ毛処理で肌トラブルを起こしやすくなっています。肌状態が不安定な期間は避けてお手入れする事がおすすめです。

肌に合わないジェルやクリームでのお手入れ

ムダ毛処理後の肌はかなり敏感になっています。肌に合わない化粧品や刺激が強いローションでケアをしてしまうと肌トラブルを起こすことがあるので、できるだけ低刺激のローションやクリームで保湿するようにしてください。

使い古したカミソリでの処理

いつ買ったのか覚えていないような古いカミソリや切れ味が悪くなった刃でムダ毛を処理すると、肌に負担をかけることはもちろん、衛生上も問題があります。毛穴から雑菌が入り込んだり、思いがけない肌トラブルを引き起こすことがあるので気をつけましょう。

このように、ムダ毛の処理には肌への刺激を最小限に抑えられるような方法や体調などに気を配ることが必要です。

特に、毎日ムダ毛を処理すると、思いがけなく肌への負担がかかり色素沈着や黒ずみの原因となってしまいます。ムダ毛の処理を行う頻度は2週間に1~2回をおすすめします。

正しいムダ毛処理は?

自分でムダ毛の処理を行う場合、カミソリやシェーバーなどでムダ毛を剃る方法や毛抜きや脱毛テープや脱毛ワックスを使用して毛を抜く、除毛クリームでムダ毛を溶かすなど、さまざまなですが、その中でも最も多くの女性に愛用されているムダ毛処理アイテムと言えば、やはりカミソリ・毛抜きがダントツではないでしょうか?

特に入浴時は肌や毛が柔らかくなるのでシェービングをするのに適しています。 しかしお風呂場は、湿気も多く雑菌が繁殖する環境でもあるので注意も必要です。

お風呂で温まっている肌にカミソリの刺激で細かい傷ができると、毛穴の広がりや、雑菌の繁殖などの肌トラブルを起こす可能性がありますので、ムダ毛処理は入浴10分後くらいがおすすめです。ムダ毛も肌も適度に柔らかく温まっているため、剃りやすくなっています。

入浴前に行うムダ毛処理の方法としては、蒸しタオルで処理部位を温めておくとよいでしょう。毛穴が開き、毛も柔らかくなるため、カミソリがスムーズに滑ります。

古いカミソリや鈍くなった刃は肌に負担をかけますので、カミソリは新しいものを使用するようにしてください。もし、カミソリ負けを起こしてしまった場合は、濡れタオルで肌を冷やしてから丁寧に保湿ケアを行ってください。

体調が思わしくない時や日焼け後、また月経期を含めた生理前後数日間などはお肌が不安定な時なので、ムダ毛の処理は避けましょう。

時間はかかるけどおすすめ!

CMなどでも案内をしていますが、最近は脱毛もとてもお手軽になっています。ワキのムダ毛処理で毛であれば数百円でできるサロンもあります。

サロンで施術を受けると、ムダ毛の処理だけでなく古くなった不要な角質を除去することもできますので肌がワントーン明るくなります。

特に背中など自分で見ることができないところは剃り残しも多い部分であるため、そのコースがあるサロンに相談するとよいでしょう。

シェービングサロンは、肌が生まれ変わるサイクルに合わせて、1ヶ月に1回~2回の施術をおすすめします。肌のターンオーバーは28日前後となっているため、肌が十分に育った時にシェービングを行うことで、肌への負担を最小限に抑えながらシェービングが行えます。

サロンでの施術はキメが細かく処理の技術も自分で行うより高いですが、自宅でのケアが必要ないわけではありません。サロンでは肌の状態をチェックしながら施術をすすめていきますが、このときに自宅ケアについてもアドバイスがあるのでそれに従いましょう。

自己処理の方法などについても疑問があれば、どんなことでも相談するとよいでしょう。

通う事さえ面倒でなければ、肌を痛めることも自己処理よりは少ないですし、仕上がりもとてもきれい、そして半永久脱毛が出来るので通いつめて完了さえしてしまえば、今まで脱毛にかかっていた時間や費用、労力がなくなります。

いかがですか?

今は女性だけでなく、男性やお子さんでもムダ毛処理をする方がいる時代です。ムダ毛の処理を失敗をせず、きれいな肌を保ち、きれいなママを目指しましょう。

Beauty Concierge
ビューティーコンシェルジュ
メルマガ登録

キレイになるための最新情報をメールマガジンで提供させていただきます。

Leave a Reply