冬こそ気をつけたい!誰でもできるカビ対策

湿気の多い場所に発生するカビ。これからは乾燥する季節なので、カビの心配をしなくても大丈夫!なんて思っていませんか?意外と冬にカビが発生して気が付いた時には壁や部屋のコーナーにカビが発生しているなんてこともあります。今回はカビ退治に使える天然素材をご紹介します。

 

室内のカビは、気候の変化や換気不足が原因で発生します。特に湿気の多い梅雨の時期や夏場に発生をしやすいですが、実は冬も気をつけないとカビが発せしやすくなるのです。冬は窓の結露が起こりやすいです。その結露をきちんと拭き取らずにそのまま放置しておくとカビの原因にもなりますし、寒い冬なので窓を開けずに部屋を閉めっきりの状態が続き活気不足になりカビが発生するケースもあります。

カビは不快なのはもちろんのこと、ダニやハウスダスト、悪臭発生の原因にもなり健康被害を及ぼすこともあります。カビを放置すると、結果的に壁やコーナー部分に不快なシミを残すことになるでしょう。カビと生活していると、アレルギーや呼吸器系疾患を発症する危険性もあります。さらに、カビは壁の退色劣化の原因にもなります。

そうなる前に、カビ対策をしておきたいですね。ここでは、自宅にある天然のもので出来るカビ対策を紹介します。

ホワイトビネガー

ホワイトビネガーはカビ対策に最も有効な天然素材の1つで、醸造用アルコールを発酵して作られる、無色透明のアルコール酢のことです。

浴室の壁、衣類、台所、と幅広い場面で使用することが可能です。実際のところ、ホワイトビネガーはそれ自体の匂いがきついものの、カビ退治とクローゼット内にこもった悪臭対策に関しては絶大な威力を発揮してくれます。

ホワイトビネガー洗浄剤の作り方

・ホワイトビネガー カップ1/2杯
・水 カップ 1/4杯
・市販のスプレーボトル 1本

使用方法

・ホワイトビネガーを水で薄めてスプレーボトルに入れる。
・ボトルをよく振って混ぜ合わせたら、室内のカビが発生している箇所へスプレーする。
・そのまま、空気乾燥させる。
・これを1週間何度も繰り返して行う。
・もしこれでもカビが落ちなかったら、ビネガーを薄めずにスプレーしてみる

ベーキングソーダ(重曹)

カビ退治と匂い汚れ対策には他にも方法があります。それは、お財布にも優しいベーキングソーダ(重曹)です。

ベーキングソーダは天然素材でありながらバクテリアとカビ胞子に対する抗菌作用が高く、匂い汚れに対しても優れた効果を発揮してくれます。

使用方法

・カビの発生している部分に少量のベーキングソーダをこすりつけてなじませたら、約2時間放置する。
・ブラシでこすり落として終了。
・カビの発生しやすいクローゼットにベーキングソーダを設置してもよい。その際は小さめの密閉容器にベーキングソーダを入れると便利です。

海塩(天然のミネラル成分を含むもの)

海塩は、密閉空間に発生しているカビを除去する効果のある天然素材です。海塩は殺菌消毒の効果を持ち、黒カビの発生を抑え悪臭を緩和してくれます。

使用方法

・少量の海塩を小型の容器かビニール袋に入れて密封し、クローゼットの中に設置する。
・一カ月に一度は中身を交換する

ホウ砂

ホウ砂は殺真菌性(防カビ性)の天然素材で、漂白剤のような危険性もなく環境にも優しい洗浄剤です。医薬品、工業用として幅広く利用されており、市販されているので個人購入も可能です。
医薬品(基本的には安全)なので、直接触らない方が良いのですが、口に入れなければ基本的には無害です。

使用方法

・スプーン1杯のホウ砂を2リットルの水で薄める。
・カビの発生部分にブラシでなじませ、約30分放置後に乾いた布で拭き取る。
※ホウ砂を扱う時は必ず手袋を装着してください。

カビを発生させないために日頃から注意すること

窓を開けて換気を行う

窓を開けて風を通すことはシンプルな方法ですが、カビ胞子やダニなどが室内に蓄積されるのを防いでくれます。換気によって室内は適度に乾燥され、カビ胞子やバクテリアなどがコロニー化しにくい環境を整えてくれます。
室内にこもる不快な匂いを除去したい時に換気を行うのは、このような理由があるからです。

カビによるシミは物で隠さない

壁についたシミを隠そうとして、シミの手前に家具やその他の物を置くことがありますが、シミを物で覆ってしまうとその部分に空気が当たらなくなり、結果的にカビの発生を促進することになってしまうのです。ですから、シミと家具との間に十分な隙間を取り、風の通りを良くして湿気がたまらないように配置をしましょう。

室内で洗濯物を干さない

カビ対策にあたって、絶対やってはいけないことの1つが洗濯物の室内干しです。これはカビの発生を促すばかりでなく悪臭の原因にもなります。
湿気はカビの成長を促進し、洗濯物を生乾きにするだけでなく、除去しがたい悪臭を残す原因にもなります。
もしどうしても室内で洗濯物を干さなければいけない場合は、しっかりと換気をすることと、除湿機を併用して湿気の少ない環境を作りましょう。

カビは、さまざまなアレルギーの症状をひき起こすことがあります。早めのカビ対策をして、家族みんなが気持ちよく過ごせるお部屋作りをしましょう!

Beauty Concierge
ビューティーコンシェルジュ
メルマガ登録

キレイになるための最新情報をメールマガジンで提供させていただきます。

Leave a Reply